アイコン説明

  結局は、カレーの日 2005/01/22(Sat) 23:40 

食事

1 月 22 日はカレーの日だそうです。


筋トレに 10kg のダンベル(鉄アレイ)を使っていますが、ずっとこのままでは筋力アップは見込めないので、重りを付け替えることができるタイプのダンベルに新調することにしました(ちなみにこれ
そうなると、これまで使っていたダンベルが余ることになります。
このダンベルは、たつやさんにもらわれていくことになりました。
そうなると、たつやさんがこれまで使っていた 5kg のダンベルが余ることになります。
このダンベルは、Loki さんにもらわれていくことになりました。
そうなると、Loki さんがこれまで使っていた 2kg のダンベルが余ることになります。
このダンベルは、Loki 母上様が使われることになりました。
私→たつやさん→Loki さん(→Loki 母上様)という物の流れが発生しますが、ダンベルはなんと言っても重いので待ち合わせてハイヨと渡すようなわけにはいきません。
そこで、Loki さんが車を出してたつやさんを乗せ、私の家まで来ることになりました。5kg のダンベルをたつやさん宅でピックアップして、私の家から 10kg のダンベルをたつやさん宅まで持っていき、Loki さんが 5kg のダンベルを持ち帰るという寸法です。

じゃあ、炭火焼きでもしようかと。

1 月 22 日はカレーの日だそうです。

せっかくなので、葵木さんにも声をかけたところ、日記に良く登場する「高橋くん」と一緒にやってきました。
そんなわけで、今日は炭火焼きをしてました。
先日の北海道展でゲットしたフランクフルトソーセージを投入し、余っていたタンも一気に在庫整理です。
参加された諸氏の反応が気になりましたが、これが上々。
中でも、近所のプロ用食材ショップで買ってきた鴨肉と、ごはんのアテとして出したルイベ漬けが好評でした(→ルイベ漬けは、別物だけどこれとたぶん同じ)
鴨肉は、薄切りにしたものをちょっと炙って食べるのですが、肉の味が濃く、火が通るとまるでハムのようになります。これが柔らかくてすごく美味。
今回初めて使いましたが、これは炭火焼きの定番になりそうです。

1 月 22 日はカレーの日だそうです。

タン、ソーセージ、シイタケ(Loki さんが持ってきた)、鴨肉、パストラミ、サツマイモとコースで攻めて、とどめはデザートカンパニーのプリンで締め。
人気のプリンセットから、私は白胡麻プリンをいただきましたが、ごまの香りと黒糖シロップの甘さがマッチして大変美味しゅうございました。

1 月 22 日はカレーの日だそうです。

食べ終わったあと、前回に引き続いて、お茶っ葉を使って部屋の消臭をする方法を試してみました。
直接火にくべてあまり効果が得られなかったわけですが、これが実は間違いだったようで、実際にはアルミ箔に乗せるとかフライパンを使うとかして焙じるようにして煙を出すのが正しいとのこと。
そこで、Loki 母上様が持たせてくださった焙じ器が大活躍しました。急須のような形をした焙じ器に煎茶を入れ、炭火の上にかざして揺すっていると、良い香りのする煙が立ち上りました。この煙に消臭効果があるようで、しばらくすると炭火焼きで出た臭いはだいぶ収まりました。

Loki 母上様、お気遣いくださって大変ありがとうございました!
(お互い、筋トレがんばりましょう!)


1 月 22 日はカレーの日だそうです。

……と、炭火焼きの最中に言われまして、「ほ〜、知らんかった」と言ったならば。

「陣さん、今年に入ってから何回カレー食べた?」
「え〜と……食べたかな?」
(↑実際には、大沢食堂で食べているので 1 回)

「信じられん」と、優秀なカレー部員であるところの彼らは言い募るわけです。
我々はかなりの頻度でカレーを食しているというのに、部長である貴様のその体たらくはいったい何であるかと。
部長たる資格を認めて良いものだろうかと。
「カレーの日」であるこの佳き日に、よもやカレーを食べないということはあるまいな、と。

そんなわけで、炭火焼きを終えて二時間ほどまったりと雑談したあとに、ネットで近隣のカレー屋を検索し、食べに行くことに。
Loki さんの運転で「タージマハール」というインドカレー専門店に行きました。
焼きたてのバターナンと、エビ入りカレーがなかなか美味でした。

……6 段階中の 3 番目の辛さにしましたが、1 番上でも良かったかも……。
_| ̄|○







Cool Note Pro
(Tree-View v4.5)