アイコン説明

  血はカレーとプリンで出来てない(説得力皆無) 2005/01/17(Mon) 01:05 

食事

今日は小閣樓に行って飲む話になっておりまして。
小閣樓に行く時にはたいてい昼酒をするつもりなので、14 時くらいに行くことになります。
午前中は部屋でゆっくり過ごすつもりだったのですが。

PC を起動してメールを受信したらば、友人の murmure さんからこんなメールが来ていました。
なんでも、現在東武百貨店 池袋店で開催中の「食の大北海道展」に、富良野にあるビストロ「ル シュマン」が出展しているのだとか。
しかも、限定のかぼちゃプリンを出しているそうなのです。

うん、確かにプリン好きだが「プリン→私」の構図は、教えてくれるのはありがたいけどそろそろやめような、みんな。
あと、「カレー→私」もな?

……いや、$$するつもりが吹っ飛んで、慌てて支度していそいそと出かけてみたわけですが。

(murmure さん、ありがとうございました〜!)


で、池袋に向かう電車に揺られながら、ふと気が付いたことが一つ。
以前にもこんなことがあったのは、気のせいでもなんでもない
小閣樓行くタイミングで、なんでまた北海道展を開催してくださいやがりますか、池袋東武よ。あまりのグッジョブさに、名前も顔も知らぬ企画担当者の人に惚れてしまいそうですよ。

しかし、今回は重大な違いがあります。
ツッコミ役(……と書いて「ストッパー」と読む)がいないということです。
前回は葵木さんが同行していたわけですが、私が暴走しかかるたんびに、

「陣さん陣さん、それ、食べきれないから」
「落ち着いてください、陣さん」
「だから買いすぎだと」

……と、徹底して諫めてくれたわけです。

はっはっは、もはや私を止める者はいない。

そして、催事場に足を踏み入れてから 1 時間ほどすると、ちょっと重めの紙袋をぶら下げて、興奮の余韻とごくごくわずかな後悔に陶然とたたずむ私がいたわけで。
え〜と、コロッケと、ルイベと、北海道の形した大判焼きと、北海道ラーメンと、ミルクジャム(コンデンスミルクではないかとツッコみたかった)と……。
ル シュマンのプリンは 500 個があっさり完売してたから買えなくって(涙)、代わりにルタオの「小樽ジャージープリン」を買って(嬉)、次の炭火焼きに備えてフランクフルトソーセージも買ったよ?
……なんだ、思ったほど買ってないな。よしよし。


で、駒込の駅前で、前の会社の元上司(&ダンナ様)、同僚、師匠と待ち合わせ。
あと 1 人、先輩も来るはずだったのですがなかなか姿を現しませんでした。
「おっかしいなぁ、ひょっとして、改札口を間違えたりしたのかな?」(駒込は、ホームの両端に改札が位置している。おかげで両方を行き来しようと思ったらすごく遠い)
とか、
「なんで連絡が来ないんだろう? 何かあったのかな?」
とか気を揉んでみたりしたのですが、実は集合時間の時点ですでにお店にいたことが判明。
え〜っと、反対側の改札口に向かおうとして無駄足踏んだ私は、連絡をよこさないことに対して怒る権利がありますよね?

今回は日曜ということもあって、私はややお酒控えめ。
……だったのですが、美味しい美味しいと言いながら他の人が飲むわ食べるわ。
お勘定が、ちょっとわけありで 6 人分を 5 人で頭割りしたことをさっ引いても、9,000 円を超えたのにはさすがにビビりましたよ。

いや、上海チキンを始めとして、韮饅頭や水餃子が相変わらず美味しくて、楽しかったから良かったのですが。


あ、家に帰ってから、「小樽ジャージープリン」を食べました。
上から順に、生クリーム、カスタード、カラメルソースと 3 層になっていて、とろけるような舌触りと、はっきりしていながら控えめの甘さが、とっても美味でしたよ?

(そんなわけで、当分は、「先日の北海道展で……」というネタが出てくることに)







Cool Note Pro
(Tree-View v4.5)