アイコン説明

  電気ノコギリも使ってたな……あれはムチャだ 2005/01/15(Sat) 23:09 

笑顔

TAP DOGS という舞台を観てきました。
名前にもあるように、全編タップダンス一色のパフォーマンスです。
6 人のダンサーたちが、舞台の上に設置された板張りの床や金属製のフロアでタップのステップを踏みまくるという内容なのですが、これがもう、本当にすごかった。

ソロで踊ったり全員で踊ったりと緩急を付けつつ、合間合間に舞台をガンガン組み替えて「おいおい、そんなところでもタップ踏むのかよ」という驚きのあるステージになっています。
踏むとドラムの音が出るパッドを踏んで、6 人でハードロックを演奏するに至っては、恐ろしい速さの連打も易々とこなし、しかもそれがすんげーかっこよかったりして。
基本的にセリフやストーリーのある舞台ではありませんが、まるでドリフのようなコントが出てくることもあって、NANTA を彷彿とさせるものがあります。順序から言って、NANTA が TAP DOGS の良いところを巧みに取り込んだのでしょうけど。
あと、舞台の大道具の構成変更を、ステージでパフォーマンスするダンサーたち自らがやっているのも大きなポイントでしょう。
もちろん、この作業の間もタップを踏んだり大道具でリズムを刻んだりして、これ自体が演出としてステージに溶け込んでいます。

いや〜、もう、こういうの大好き。
最後まで非常に楽しめました。

この手のパフォーマンスのはしりである STOMP はまだ観たことないんで、いずれ観てみたいです。







Cool Note Pro
(Tree-View v4.5)